映画『イキガミ』はNetflix・Hulu・U-NEXT・dTVどれで配信?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
イキガミ パッケージ画像
Pocket

映画「イキガミ」は瀧本智行が監督を手がけ、松田翔太、塚本高史、山田孝之、劇団ひとり、成海璃子などが出演しています。

Netflix・Hulu・U-NEXT・dTVなど、9つの人気動画配信サービスのどれで配信しているか比較して紹介します。

映画『イキガミ』はどれで配信?

イキガミ あらすじ

映画「イキガミ」を見れる動画配信サービスは以下の通りです。

サービス名 配信状況
U-NEXT ×
Hulu ×
Netflix ×
auビデオパス
Amazonプライム
dTV ×
TSUTAYA TV
FODフジテレビオンデマンド ×
ビデオマーケット

イキガミはauビデオパス、ビデオマーケットなどで配信されています。

(2019年2月11日現在の情報です。)

※参考:動画配信サービス月額・特典

(お手数ですが、モバイルの方は横にスライドいただきご覧ください)

サービス名 月額(税抜) 特典
U-NEXT 1,990円 31日間無料
Hulu 933円 14日間無料
Netflix  –
auビデオパス 562円  30日間無料
Amazonプライム 500円  30日間無料
dTV 500円  31日間無料
TSUTAYA TV 933円  30日間無料
FODフジテレビオンデマンド 888円 amazon payで

1ヶ月間無料

dアニメストア
DMM見放題chライト  –
ビデオマーケット 500円・980円  初月無料

イキガミのあらすじ・内容・出演

予告(こちらを見るとよりスムーズに見ることができます)

国家繁栄維持法(略称:国繁法)」。

この法律は国民に「生命の価値」を再認識させることで国を豊かにすることを目的とし、その手段として、18歳から24歳までの若者たちを対象にしたある通知を出している。

その通知とは通称「逝紙イキガミ)」と呼ばれる死亡予告証である。

1000分の1の確率で選ばれた者は、紙を貰ってから24時間後には死んでしまうため、残りの人生をどう使うのか模索し、様々な思いを抱きながら死を迎える。

区役所に勤務し、イキガミを配る「逝紙配達人」を務める藤本賢吾は、イキガミを配布していく中で、避けられない死の運命に翻弄されていく人々やその遺族、イキガミに反対するレジスタンスを目の当たりにする。

物語は、イキガミを配られた対象者がどのように最期の24時間を過ごして死んでいったかを描き、最後に藤本がそれをレポートに綴り、所見を述べる形式で描かれていく。

(引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*