映画『戦争と平和 1956』はHulu・U-NEXTのどれで動画配信?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
戦争と平和 1956 パッケージ画像
Pocket

映画「戦争と平和 1956」はキング・ビダーが監督を手がけ、オードリー・ヘプバーン、ヘンリー・フォンダなどが出演しています。

Hulu・U-NEXT・dTV・Amazonプライムなど、11種類の人気動画配信サービスのどれで配信しているか比較して紹介します。

映画『戦争と平和 1956』はどれで動画配信?

戦争と平和 1956 あらすじ

映画「戦争と平和 1956」を見れる動画配信サービスは以下の通りです。

サービス名 配信状況
U-NEXT ×
Hulu ×
Netflix ×
auビデオパス ×
Amazonプライム
dTV ×
TSUTAYA TV
FODフジテレビオンデマンド ×
dアニメストア ×
DMM見放題chライト ×
ビデオマーケット

映画「戦争と平和 1956」はTSUTAYA TVなどで動画配信されています。

(2019年5月13日現在の情報です)

※参考:動画配信サービス月額・特典

(お手数ですが、モバイルの方は横にスライドいただきご覧ください)

サービス名 月額(税抜) 特典
U-NEXT 1,990円 31日間無料
Hulu 933円 14日間無料
Netflix  –
auビデオパス 562円  30日間無料
Amazonプライム 500円  30日間無料
dTV 500円  31日間無料
TSUTAYA TV 933円  30日間無料
FODフジテレビオンデマンド 888円 amazon payで

1ヶ月間無料

dアニメストア
DMM見放題chライト 540円  14日間無料
ビデオマーケット 500円・980円  初月無料

映画「戦争と平和 1956」のあらすじ・内容・出演

予告(こちらを見るとよりスムーズに見ることができます)

レフ・トルストイの小説「戦争と平和」の映画化で1956年に製作・公開されたイタリアとアメリカ合衆国の合作映画。

製作は当時イタリアの二大プロデューサーと言われたカルロ・ポンティとディノ・デ・ラウレンティスでパラマウントが配給。

監督がキング・ヴィダー。

オードリー・ヘプバーン 、ヘンリー・フォンダ 、メル・ファーラーが主演し、音楽はイタリアのニーノ・ロータが担当した。

撮影はビスタビジョン方式のワイドで撮影されて、オードリー・ヘプバーンにとっては初のカラー・ワイドスクリーン作品への出演であった。

ナターシャとピエールとアンドレイの3人の物語として原作を大幅にダイジェストにして脚本化されており、ナポレオンが退却した後に荒廃したロストフ邸でナターシャとピエールが再会するところがラストシーンで、最後はトルストイの言葉「人生を愛すことは神を愛すことである」で終わっている。

(引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*