映画『21世紀の資本』はU-NEXT・Hulu・Netflix・Amazonプライムで動画配信?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
21世紀の資本 パッケージ画像
Pocket

映画「21世紀の資本」はジャスティン・ペンバートンが監督を手がけ、トマ・ピケティなどが出演しています。

U-NEXT・Hulu・Netflix・Amazonプライムなど、11種類の人気動画配信サービスのどれで配信しているか比較して紹介します。

映画『21世紀の資本はどれで動画配信?

21世紀の資本 あらすじ

映画「21世紀の資本」を見れる動画配信サービスは以下の通りです。

サービス名 配信状況
U-NEXT
Hulu ×
Netflix ×
クランクイン!ビデオ ×
Amazonプライム
dTV ×
TSUTAYA TV
FODフジテレビオンデマンド ×
dアニメストア ×
DMM見放題chライト ×
ビデオマーケット ×

映画「21世紀の資本」はU-NEXTなどで動画配信されています。

(2020年8月27日現在の情報です)

※参考①:動画配信サービス月額料金・特典

(お手数ですが、モバイルの方は横にスライドいただきご覧ください)

サービス名 月額料金(税抜) 特典
U-NEXT 1,990円 31日間無料
Hulu 933円 14日間無料
Netflix  –
クランクイン!ビデオ 1,500円  14日間無料
Amazonプライム 455円  30日間無料
dTV 500円  31日間無料
TSUTAYA TV 933円  30日間無料
FODフジテレビオンデマンド 888円 amazon payで

14日間無料

dアニメストア 400円 31日間無料
DMM見放題chライト 550円  30日間無料
ビデオマーケット 500円  初月無料

※参考②:U-NEXTを使ってみて感じる5つのメリット

1、映画 、ドラマ 、 アニメなど190,000本以上が見放題 ☑️

2、最新作品の配信が早い ☑️

3、月額料金1,990円で毎月1,200ポイントもらえる ☑️

4、ダウンロードしてオフライン再生が可能 ☑️

5、電子書籍52万冊以上配信 ☑️

映画「21世紀の資本」のあらすじ・内容・出演

予告(こちらを見るとよりスムーズに見ることができます)

「格差社会」の真相を描いた、トマ・ピケティによる世界的ベストセラー経済書を映画化

ピケティ自ら監修・出演し、著名な政治・経済学者と共に資本主義社会の問題をわかりやすく解説。高度経済成長やリーマンショックを見てきた21世紀の日本人必見の経済映画。

フランス革命、植民地主義、世界大戦、大恐慌、オイルショック、リーマンショックなど、過去300年にわたる歴史の中で社会を混沌とさせた出来事と経済の関係をひも解いていく。世界中の経済・政治の専門家たちが集結し、資本主義の真実に迫る。

(引用:U-NEXT)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*